ハリーズ・ロー 裏通り法律事務所

会社の人から

「こんな海外ドラマあるけど、どう?」

と言われて見始めた

ハリーズ・ロー 裏通り法律事務所(原題:Harry’s Law)

あらすじ

特許法を専門に行う女弁護士ハリーが仕事にやりがいを感じられなくなり、やがては大手の法律事務所を追われてしまう。独立してシンシナティーに自身の法律事務所を開業し、そこへ舞い込む様々な依頼をハリーは、自らの信念で、貫き通すやり手の弁護士として活躍するコメディードラマである。

(参照サイト:Wikipedia

元々は、「ハリーズ・ロー 裏通り法律事務所」の主演の

キャシー・ベイツ(Kathy Bates)

を勧められたのがキッカケ。

知っている人は知っているかもしれないが、1990年に公開された

ミザリー(原題:Misery

で、アカデミー主演女優賞をとった方。

この映画から、まず紹介されてHuluに入っていたので、視聴してみたら

めっちゃ演技がうまくて…

演技に引き込まれてしまいました。

そんなキッカケで見始めたこのドラマ。

シーズン1しか見てないけど、すんなり見れた。

法律+コメディなので、「アリーmyラブ」を思い出しました。

(見てないので、もしかしたら違うかも)

残念ながら、シーズン2で終わってしまっている。

こういうドラマってアメリカだと、長く続けてるイメージがあったのだが。

内容としては、ポンポン進んでいくんだけど、事件が多すぎ!

事件がないと、話が進まないのはわかるんだけど。

こうも事件が多いと弁護士も大変だなぁと思ってしまう。

主人公のハリーは、おばちゃんなんだけど、口や態度は悪いんだけど、人情溢れてる。

なんか、憎めない感じで、下町のおばちゃんって感じ。

ほっこりしたい時に見たいドラマです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Alaska

 

 

alaska

alaska

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です