CHATTYの買い物って…

こんばんは。

今日は奇跡が起こりました。

ちょっと用事があって、駅まで自転車で出かけてました。

自転車をとめるところがなかったので、ちょっとだけのつもりでとめていました。

ほんのちょっとのつもりが、2時間くらい経ってしまい…

さぁ帰ろう!

と思って、自転車をとめたところまで行くと…

ないっ!

どこ行った?!

と思って、辺りを見回してもないっ!

あぁーこれ持ってかれたー!

と思って、うろちょろ。

この間、3分。

そうすると、向こうから放置自転車を運んでるトラックが!

絶対ある!と確信した私は、呼び止めました。

荷台見たら、あるじゃないですか!

なんとか、降ろしてもらえないか交渉。

…撃沈。

ダメでした。

「これから、放置自転車専用のところに運ぶから、そこまで取りに来て」と言われました。

しょうがない、自分がいけないから取りに行くか。

場所を教えてもらい、30歩くらい行ったら

「おーーーい、ちょっと」

と声が。

私か?

私でした。

「今日は特別に、渡してあげるよ〜。

これからは、もうしちゃダメだぞ!」

と言われて、私の自転車を降ろしてくれました。

本来、取りに行ってたら¥5,000かかるとのこと。

危うく、痛い出費になるところが、優しいおじさんのおかげで助かりました!

 

 

そんなことがあった、今日ふと思ったことがあります。

今、気になってるChattinessについてです。

Chattiness(チャッティネス)でECサイトがあるのですが、CHATTY(チャッティ)で購入とありました。

現金ではなく、CHATTYで購入というなかなか、面白い仕組み。

しかも、置いてあるのがブランド品で、日本円にするとお値段が安い。

ちょっと、欲しいな〜と思っていたのですが、ふと思いました。

CHATTYだけで、買い物できるとしてもCHATTYを送る時って

イーサリアム(Ethereum)が必要なんじゃないのかと。

そこで、問い合わせしてみました。

必要でした!

そうだよな〜、イーサリアム系のトークンって必要だったよなぁと思って。

確認できてよかったです。

今度、落ち着いたら商品を注文してみようか、ただいま悩み中です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

Alaska

alaska

alaska

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です