CHATTY取扱い交換所Bell Woodについて

こんばんは 😕

このBlogが気づいたら、1年経っていました。

更新には、ムラっ気があるので書いたり書かなかったり…

それでも、書くことに意義がある!と思って、なんとか書き続けてきました。

新しいものに、興味があるものにはとりあえず、手を出してみるAlaskaです。

きっと、このBlogを読んでいる人ならお分かりでしょう。

でも、どれもちゃんと続けてたりもしてます。

たまに、昔の記事を読んで、そんなことあったな〜と思い返しています。


さて!

株式会社Chattiness(チャッティネス)

仮想通貨・CHATTY(チャッティ)について今日は、お話したいと思います。

なにやら、私がOne Tap BUY(ワンタップバイ)にハマっていた頃、Chattinessでは発表がありました。

ChattinessのLINE@に入っているのですが、こんなお知らせがきてました。

CHATTY取扱い交換所Bell Wood

にて取引スタート!

あら、EtherDelta(イーサデルタ)でも取引できて、Bell Wood(ベルウッド)でもできるってことか。

どっちのがいいのかしら。

そもそもBell Woodってなんだ?

調べてみても出てこないので、Chattinessのお知らせをから紐解くと…

  • マルタ共和国(Repubblika ta’ Malta)の仮想通貨交換所
  • ChattinessとEthereum(イーサリアム)の交換が可能
  • 英語表記だけど、日本語の対応可能だが、Google Chrome(グーグルクローム)でのブラウザ推奨

だけ、わかりました。

所在地がマルタなので、英語のみの表記かと思ったら《日本語》の選択もできました。

EtherDeltaだと、完全に日本語ないですもんね。

英語苦手な人には、Bell Woodの方がいいのかもしれませんね。

↑これが英語表記。

↑こっちが日本語対応表記。

Googleが翻訳してるってことですね。

一応、登録だけはしておこうかなと思います。

このGWに少し色々、調べてから触ってみようかなと思います。

しかし、マルタって何語なのかな〜って調べたら、マルタ語と英語なんですね。

せめてもの救いは、マルタ語じゃなくてよかったです。

ちなみに、取引高最大の香港にあった交換所:Binance(バイナンス)がここ、マルタに本拠を移転したみたいです。

そんな中、マルタが仮想通貨取引高最大になったと、先日のニュースで発表されていました。

そう考えたら、CHATTYがマルタで取引されることって、すごいことなんですかね。

今、アジアでは仮想通貨規制が厳しくなってきてますもんね〜。

 

↓↓Chattinessの登録はこちらから↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Alaska

alaska

alaska

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です